2007年05月22日

友人のプラグが抜けた

マトリックスの一作目で、ネオは自分のプラグが抜けた事に戸惑いを覚えながらも戦う事を決意しました。まぁ、意味の無ぃ下りですが今日は友人がサイトを公開する事になったのを報告。


webをただ見るだけなのと、アクセス来るのを待つ、web上の住所があるのとは大きな違いがあります。それこそmatrixでネオのプラグが抜けたくらいに。サイトを持ち、長い期間維持し続けるのは個人サイトは本当におっくうで、しんどい作業です。

ですが、web上のマイ・ホ−ムがあるというのは本当に面白い事です。サイトがあると、自分の意見を自由に述べられ、webの特性上待ちの姿勢なので、人気が出る方法をあの手この手で悩みますし、他人との交流も深くなります。mixiやblog、メッセンジャーは住所というより、賃貸マンションのようなもので、団地同士の交流はあっても、道路を挟んだ向かいの住宅は誰かも知りえる事ができません。

小さくても、しょっぼくてもサイトを持つ事は非常に学ぶ点が多い事があるとサイト開設して4年になって初めて気づきました。小さかったり、しょっぼいのは、隣人や、隣町の個人宅へ訪問して聞けば良いし、自宅でひたすら考えるのもまた有益です。



blogやメッセンジャーとサイトとはそういった点において大きく異なると、思うのでした。
posted by えぱんだ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | personal-life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。